ラグビートップリーグ 第3節

Pocket

東芝 10-47 パナソニック
昨年9位に低迷した東芝、序盤、WTB石井のトライとPGで10-0とリードし、前半は10-15と踏ん張ったが、
後半はパナソニックの展開に翻弄された、今年も苦しい展開

NEC 42-26 豊田自動織機

サントリー 27-24 ヤマハ発動機
注目の一戦は、NHK-BSでも放送された(地上波で放送してほしい)
序盤から激しい当たりの試合、前半はサントリー17-10ヤマハで折り返し、
後半、ヤマハは31分堀江のトライで逆転、サントリー20-24ヤマハ
ここからサントリーの猛攻、しのぐヤマハ、試合終了のホーンが鳴り、ラスト1プレー
SO小野のトライでサントリーが逆転勝利、今年も強かった。

キヤノン 12-34 トヨタ自動車
後半、12-12とキヤノンが追いついたが、そのあとはトヨタの破壊力が炸裂した
昨年7位のキヤノン、今年は低迷開幕から3連敗

神戸製鋼 45-7 クボタ
序盤から神戸製鋼のきれいな攻めで完勝
ルーキーのCTB重、WTB清水は会場の万博競技場のすぐ近くの吹田、茨木の出身、
いずれも、トップリーグ初トライを挙げた。
取りこぼしが多く、去年クボタに負けたが今年は順調な仕上がり、

宗像サニックス 14-35 リコー

NTTドコモ 28-24 コカ・コーラ
 ドコモは再昇格後初勝利

今日残りの近鉄VSNTTコム の試合あり

3節終えて、
レッドカンファレンスは 神戸製鋼が首位に立ち、3連勝のサントリーをトヨタ、NTTコムが追う展開
ホワイトカンファレンスはパナソニック、が3連勝、ヤマハ、NEC、リコーが追う、豊田自動織機、コカ・コーラ、キャノンは3連敗

4節の注目は

サントリー VS NTTコム
ヤマハ   VS リコー

9月3日追記
近鉄 10-36 NTTコム
前半は10-10、後半地力の差が出た

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA